GuitarFreaksXG DrumManiaXG Original Soundtrackフォトレビュー。



ゴールデンウィーク最終日はGuitarFreaksXG DrumManiaXG Original Soundtrackをフォトレビュー。発売からだいぶ空いちゃったのでサクッと簡潔にまとめてみます。ということで詳細は以下より。

GuitarFreaksXG & DrumManiaXG Original Soundtrack beginning edition – コナミスタイル















トラック曲タイトルアーティスト収録時間
1IMIRyder1:59
2PiranhaRotten Blotch1:56
3Deep ForestKozo Nakamura1:53
4You’ve Got 2 Get MeSota Fujimori feat. RIO1:45
5ConfessionTakao Nagatani1:52
6太陽の花DAIHEI1:41
7Believing阿部靖広1:52
8I Want It AllBenjamin Franklin1:42
9HYPER JET LAND泉 陸奥彦1:55
10Love☆CarnivalAtsuki1:52
11EgocentricityThomas Howard Lichtenstein1:36
12IMITATION TOUCH柴田浩之2:03
13Eau RougeYosuke Onishi2:01
14Blue planetTrick Trap1:43
15Hunter~どうしても欲しいもの~達見恵 Feat. 佐野宏晃1:40
16紅蓮の焔劇団レコードfeat.浅葉リオ1:39
17三毛猫JIVE&ジャイブ小野秀幸1:46
18KAISER PHOENIX961:46
19Confession(Long Version)Takao Nagatani4:48
20Water frame(Long Version)Hemi-you3:57
21I M I(Long Version)Ryder2:56
22OVER THE LIMIT!(Long Version)伊藤賢治3:21



パッケージまわりはXGのテーマカラーでもあるブラックとレッドの2色ベースとなっており、そこに筐体をピンポイントで撮影したカットを並べるといった見せ方は、ギタドラXGスペシャルサイトと同じ手法が使われています。収録曲数は全部で22曲。総収録時間は47分43秒と、近作のBEMANIシリーズサントラと比較するとややボリュームに乏しいかもしれません。しかし、サントラのタイトルには「beginning edition」と謳われているところを見ると、完全収録版のサントラが後日発売されるのか、jubeat ripples APPNENDサントラのように追加収録分のみ別サントラ扱いで発売されるのか、何かしらのアクションがありそうな気がします。新作タイトルのサントラがこれほど早くリリースされることは極めて珍しいケースであるため、今後の動向にも注目していきます。

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る