SUDDEN+の緑数字下げまくり必勝法。



「ちょっと速くない?」と思うくらいが光るよ!という話をTANMEN先生にインタビューで聞いてから、緑数字を284固定から275前後まで下げてプレイするようになったので感じたことをつらつらーと。プレイスタイルを変えたときにどうなったのかを綴っておくと、スランプに陥ったときに読み返せるのがいいですね!ということで、すごい個人的に感想を箇条書きでまとめてみました。

まぁ、そんなの常識じゃん!というものもありますが、そのへんもあわせてごにょごにょと。

・一概にスコアが伸びる曲ばかりではないものの、だいたいの曲はスコアが伸びる(気がする)
・特に単発系は光る気がする!
・しかし、NORMAL譜面などのスカスカすぎる譜面はかえって黄ばんじゃうような・・・。レベル8~9くらいが1番効果を発揮した!
・超発狂系は全然目で追えなくなった(笑)
・終始一定のリズム押しが通用する曲は結構な勢いで下げ下げしちゃっても大丈夫!「Attitude」とか!
・ヨシダさんを272まで下げたら超絶光った!
・けどもう1回プレイしたらボロボロだった(笑)
・SUDDEN+の数値を下げまくることと、ハイスピードを上げまくることをセットにすると最強
・疲れてきたときに無理すると、いつも以上にとBAD+POORを量産したり、GOODハマリしたりする。
・270以下はさすがに無理だった(笑)でも、270以下でプレイしている人もいるからその反射神経に尊敬

ちょっと速いなぁーと感じるくらいでスコアが伸びた根拠としては、少し慌てて押さなければならなくなった分、FASTの黄グレ判定が少なくなったからなのでは!というところでしょうか。こういうのは黄グレ以下の判定を取ったときのFAST数、SLOW数が1ノート単位でカウントされるようになると見えてくる部分のような気はしますが・・。いつしか実装されるといろいろ分析できてよさそうです。

インタビューでは総称して「見切る力」と一言で言い切ったところもありましたけど、緑数字を下げていっても、大量に降り注ぐオブジェを押せるようにしていくにはやはりそこにつきるかなぁーと。スコア上げが煮詰まった方は曲ごとに緑数字を変えてベストなポジションをもう1度探ってみるのも良いかもしれません。

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る