何この曲?と思うほどオリジナリティー溢れる選曲パターンいろいろ。

今となってはデフォルトの見慣れた書体で表示されるようになってしまったIIDXの数々の曲も、初出時にはかなり作り込まれたカタチで登場していたものです。かなり昔から触れてきたはずなのに、こんな書体だったっけか?といまいちピンとこないものもあったり、あ、たしかにそんな感じだった!と懐かしさがこみあげてくるものまで本当にいろいろ。選曲ステッカーみたいなふうに出回っていたらペタペタ貼りまくっていたんだろうなぁー。

「MAX 300」とか「ZERO ONE」はごにょごにょいっぱい書いてあるけど、解像度が足りなくて細かいところはなんて書いてあるか解読不能。
My BEMANI nostalgia#5 IIDX7th-2 – へっぽこ打鐘装置 – 楽天ブログ(Blog)

「Burning Heat!(FULL OPTION MIX)」はムービースペース全面を使って曲タイトル演出をはかっていました。
My BEMANI nostalgia#4 IIDX7th-1 – へっぽこ打鐘装置 – 楽天ブログ(Blog)

存在感のある「xenon」や、オシャレ系「Giudecca」。
My BEMANI nostalgia#14 IIDX8th-2 – へっぽこ打鐘装置 – 楽天ブログ(Blog)

「Happy Wedding」はたしかに四角く囲ってあった!
My BEMANI nostalgia#11  IIDX7th-8 – へっぽこ打鐘装置 – 楽天ブログ(Blog)

「D2R」がかなりごつくてイタリック。「E.V CAFE」は原型のほぐれ具合が5鍵初期頃によく使われていた書体を思い出します。
My BEMANI nostalgia#10  IIDX7th-7 – へっぽこ打鐘装置 – 楽天ブログ(Blog)

あれ、「電人イェーガーのテーマ」ってこんな感じでしたっけ?なんか全然記憶にないんですが・・;;
My BEMANI nostalgia#12  IIDX旧曲より – へっぽこ打鐘装置 – 楽天ブログ(Blog)

いろいろ見ていると、昔の家庭用をひっぱりだしてみたくなってきますね。書体だけに止まらず、なにか忘れていた記憶が蘇ってくるようです。

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る