PARQUETS pop’n music bestを買った。

11月24日発売のアルバム「ぱきポプ全部入り! -PARQUETS pop’n music best-」を買いました。ふじのマナミさんのやわらかい歌声とあたたかなサウンドを融合した収録曲はポップンシリーズに収録されてきた貴重なメロディーの数々。長年ポップンを楽しんできた方々には、それぞれの曲を懐かしく思いつつ、プレイしてきたこれまでの記憶がしみじみと蘇ってくるような作品だったのではないでしょうか。「水中家族のテーマ」、「恋のシャレード」が初めて収録されてからこれまでの7年間を収めたパーキッツ究極のベストアルバムが登場。

↓↓↓以下、詳細情報が含まれています↓↓↓


パッケージデザインはポップンミュージックデザイナーによる描き下ろし。

デジパック仕様となっている中身を展開した写真。左に曲リストの表記、中央に貼り付けられてある特殊仕様のブックレット、右にCD収納部という構成。

ブックレット表紙はシンプルながらもタイトルがカラフルでした。全ての曲を作詞、ボーカルをふじのマナミさんが、作曲と編曲を全て片岡嗣実さんが行っているとのことです。

ブックレットを広げてみるとこんな感じ。「のびろ!とびだせ!んでもってごにょごにょ」と表現されてたブックレットでしたけども、飛び出す絵本的な飛び出し方はしませんでした(笑)。巻物のように横長にだーーっと開いて見るもよし、通常タイプのブックレットのようにぺらぺら少しずつめくって見るもよし。面白い作りになっていたのではないでしょうか。

メインのDISC1を堪能する。・・・だけど、DISC2がどこにあるのか見当たらない・・。

↑↑と・・・こんなところに隠れてたのかーー!!DISC2はジャケット面と曲リスト面の間に挟まっていました。地味に7秒くらい焦りましたねぇ;

ということで2枚目のディスク。2枚目は上の写真にも写ってるビニールの袋で保存するようになってます。さっきにょきっと出てきたところにね。でもDISC1のようにカチッと固定して保存できるものに統一してあった方がDISC2も取り出しやすくていいと思うんですけどどうでしょうねー。

<曲リスト>

DISC1>

トラック曲タイトル演奏時間
01水中家族のテーマ3:39
02恋のシャレード3:52
03Over the Rainbow5:17
04それから5:28
05HAPPY MUSIC5:41
06お天気とチョコレート4:07
07うぐいす4:07
08チェイス!チェイス!チェイス!4:07
09Filament Circus4:39
10Ping×Pong×Dash4:24
11さよならサンクチュアリ4:17
12恋する東京6:19
13メルト6:08

DISC2>

トラック曲タイトル演奏時間
01Over the Rainbow 20025:19
02お天気とチョコレート-Rum Custard Mix-5:10
03Invisible Lover -Girl’s Side-6:28
04行進曲「虹を越えて」 -curtain call-6:00

DISC2に「Invisible love」のふじのさんボーカルバージョン「Invisible lover-Girl’sSide-」が収録されてました。「Invisible loveってどんな曲だっけー?」という人は今すぐBest Hits!のエレクトロをプレイしてください!ノースピで!!「Invisible lover-Girl’sSide-」の方でも声がいじってありましたね。ふじのさんボイスが更にかわいくなってるのに相変わらず「愚かなオトコに気づいてよ~♪」なんて歌ってます(笑)。ところどころで見せる切ない雰囲気もいいですね。

(関連:ぱきポプ全部入り!発売日のふじのマナミさん投稿メッセージ -PARQUETS公式サイト内ブログ
(関連:ぱきポプ全部入り!パーキッツベストアルバム制作プロジェクト -コナミスタイル
(関連:パーキッツ関連ニュース

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る