iPhone音ゲー「BeatGather」の1番のウリはユビフのエディットにあると思う。



ちょっと今更感ありますけど、30分ほどプレイしてみたので一連の流れと雑感をまとめてみました。というわけで詳細は以下より。

コナミデジタルエンタテインメントからiPhone、iPod Touch向けにリリースされた音楽ゲーム「BeatGather」。オブジェが判定ラインに重なるタイミングで画面をタッチするというシンプルなルールのもと、チャージノートのような押しっぱなし譜面や、高速で降ってくる譜面、指定の方向にフリックさせる矢印型の譜面などがあるところはiPhone向け音ゲーにはよくある操作かなといったところです。タッチパネル式ということもあってか皆さんおっしゃるとおり、REFLEC BEATみたいなイメージは確かにありますね。

それではさっそく起動させてみることに。まずは、おなじみのKONAMIロゴから始まりますよ。


初回起動時のみ最初にユーザー名を登録します。


好きな曲で遊ぶ前にチュートリアルが起動。まずは指定の曲で操作説明を受けることになります。


判定はPerfect!からMissまでの4種類ありますよ。判定はかなり深めなところにあるらしく、早めに押してついついGreatを量産させてしまう傾向に。


チュートリアルが終わるといよいよiPodの中から好きな曲で遊べるようになります。もう1回チュートリアルを受けたいときは「チュートリアル」と書かれた範囲をタップすると再開できますよ!


細かい内容については画面左下の「ウェブマニュアル」より各種説明を閲覧できます。


iPodに保存した曲から選曲しているところ。全ての曲で遊べちゃいます。


選曲した後にユビフ(譜面)が問われます。他のユーザーさんが作ったユビフで遊びたい場合は「ユビフを検索」。オリジナル譜面を作りたい場合は「自分で作る」。自動で譜面を作りたいときは「オートで作成」をタップします。


今回はひとまず「オートで作成」をやってみることに。


ユビフができたらさっそくプレイ開始。


プレイ画面はざっとこんな感じ。判定ラインがあってそこでタップというのはイメージしやすいですね。


判定ラインは傾いたりもします。こういうとき左側に高速で降ってくるオブジェがくるとかなり焦ります;


結果はこんな感じ。MAX COMBO低くね?と思われそうですが、このゲームはGOODでCOMBOが切れる仕様になってます。判定がややシビアなだけにCOMBOカウントを増やしていく難しさは他の音ゲー以上にありますね。かなりピリピリします(笑)


リザルト画面よりTwitterにそのリザルトをつぶやくこともできちゃいます。


初回プレイ時はEASY譜面、MEDIUM譜面しか選択できなかったものの、MEDIUM譜面をAランククリアしたらHARD譜面が選べるようになりました。


HARD譜面をSランククリアすると最強難易度のEXTREME譜面が解禁されます。


基本的にノート数は同じ(みたい)ですけど、オブジェが斜めから降ってきたり、変速的に降ってきたりなど、動きに特徴が現れてきます。かなりムズイ・・。


ミスを量産してグルーヴゲージがなくなると曲の途中でもゲームオーバーになります。といっても、1度のミスで減るゲージ量はかなり少ないので、放置プレイでもしない限りなかなかゲームオーバーにはならないかと。


曲によっては下からも降ってきたり・・。


判定ラインがほぼ垂直になったりといろいろぶっ飛んでます(笑)。ある意味こんな音ゲーは今までなかった。


さて、お次はユビフを自分で作ってみることにしますよ!ユビフを一般公開するためには自身でその曲をAランク以上でクリアしないとダメみたいです。譜面の作成は、曲にあわせてノリノリでタップしていくと、そのタップしたタイミングのオブジェがそのまま生成されていきます。もちろん、同時押しやフリップといった応用譜面にも対応。


「ユビフをシェアする」から一般公開できますよ!作者コメントをサクッと入れてあとはアップロードをタップするだけ!譜面作成から一般公開までを直感で操作できるのでためしに作ってみようかな!という気にさせてくれるのがいいですね。


と、簡単に操作まわりをご紹介しましたがなんとなく伝わったでしょうか。このゲームのポイントはiPodに入れた曲から好きな曲を選曲してプレイできるという点と、譜面をカンタンに作れてみんなにシェアできるという点が挙げられていますが、個人的には好きな曲で遊べる以上に譜面の作成がかなり楽しかったです!「この譜面をもっとこういう感じに配置したいなぁー。」という構想をそのまま形にできる楽しさは他の音ゲーアプリにはなかなか見られない機能だし、オンライン経由で簡単にシェアできるのもiPhoneならではかなーといったところです。(譜面作成時に一部反応がにぶいときがありますけど、これは今後のバージョンアップに期待かな。)

なにより、これだけ遊びの可能性が広いアプリが無料でダウンロードできるという点も評価したいですね。KONAMI「純正」アプリなだけに、今後の展開にも期待していきたいところです。

beat gather – KONAMI商品情報
【BeatGather】KONAMIから新作の音ゲーが無料で登場。自分の好きな曲で思う存分楽しめる!
beatgather (beatgather) on Twitter

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る