DJ Heroのプロデューサー:Will Townsend氏が交通事故で亡くなる。



Guitar HeroやDJ Heroなど、海外の音楽ゲーム制作を牽引してきたプロデューサー:Will Townsend氏の訃報がgamasutra.comにて取り上げられていましたので、英文本記事に意訳をまじえてお伝えします。

ゲーム業界のベテランプロデューサー:Will Townsend氏はロサンゼルスで(現地時間)12日の夜に交通事故で死亡しました。33歳でした。彼はその人柄や笑顔とともに、創造的なマネージャーであり問題解決が上手で、冗談好きな人物として彼の友人や同僚の心に残っています。

2001年、Townsend氏はエレクトロニックアーツの「ウエストウッドスタジオ」でゲーム開発者としてキャリアをスタートさせました。その後4年間で、アシスタント・プロデューサーまで昇り詰め、「Command & Conquer: Generals」、「Medal of Honor」「European Assault」、「Battle for Middle Earth」といった数々のタイトルを世に送り出してきました。

その後、彼はACTIVISIONにうつり、Wii用及びNintendo DS用のGuitar Heroなどいくつものタイトルを開発・指揮してきました。彼が本格的なプロデューサーとなったのはこの時であり、初期のDJHeroを開発するきっかけとなりました。

1月、Townsend氏はNexon Americaのメイプルストーリーに参加し、ソーシャルモバイルの業務をも運営しました。

彼はキャリアを通して、多くの同僚から愛されました。特に彼の楽観主義とついつい笑ってしまうユーモアは多くの人を魅了したものです。

「私は今まで経験した中でも最悪の危機の間にWillとともにEAで働いた」とZynga社のアニメーター:Adam McCarthy氏は語っています。「ゲーム業界で19年にも及ぶキャリアの中で最も暗い時期を、笑いながら楽しく働けたことは彼のおかげであることに間違いはありません。彼の素晴らしい人柄とついつい笑ってしまう笑顔がいつもの日常を楽しく、興味深いものにしてくれました。彼との会話で笑わなかったことはありません。」

Townsend氏はまたそのユーモア以上に優れた管理能力と洞察力もまた人々の心に残っています。「彼は創造的で、実行力があり、業界ビジネスの才能がありました。私が慰めることの一つは、彼が1分の無駄もなく最大限に彼の人生を生き抜いたということです。33年間の生涯で、おそらくほとんどの人が80年で経験すること以上の経験をしてきたのではないだろうか。」Zynga社の元同僚Amir Rahimi氏は述べています。

Gamasutra – News – Obituary: DJ Hero Producer Will Townsend



ベテランと言えど、33年の生涯はあまりにも早すぎます;海外発の音楽ゲームが日本国内でも発売されて、国内ファンの支持を集めていたのもまだ記憶に新しいところです。Will Townsend氏のご冥福をお祈りするとともに、スタッフ様たちは沈まぬ想いで開発を続投させていってほしいところです。

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る