592のシステムまわりなところをいくつかお知らせ。

Th 489348098 494a4d981b

大阪出張が終わり、ようやく繁忙期が終わった!と思ったら致命的ミスが発覚して土日休みが無くなってしまった04*です。リアルしょんぼりっく。

さて、先月末から色々動かしていたあたりがまとまりましたのでいくつかお知らせです。

スクリーンショット 2012 06 06 21 26 31

まずは広告の話。おかげさまで広告掲載の依頼を頂けるようになり、6月に入ったのを境にスポンサードリンクを貼らせていただくことになりました。

また、「広告掲載ご案内」より新規広告掲載の受付もスタートしました。詳しい内容についてはご相談にて承りたく思いますので個人、法人問わずまずはお気軽にご連絡ください。ユーザビリティーを含めたデザイン性を優先したく考えていますが、できる限り柔軟に対応します。


Th スクリーンショット 2012 06 06 21 28 32

続いてBEMANI TOPICSとTwitter TOPICSについて。先月からデータベースの不具合により、同じテキスト・リンク先が重複して表示される現象が起きていましたが、修正、動作チェックまで完了し正常動作へ戻りました。出先から新しい情報をキャッチした際には最速を目指して投稿していきます。


Th スクリーンショット 2012 06 06 21 26 54

最後にアクセスカウンターについて。ここ3ヶ月ほど負荷によりカウンター数値がリセットされる不具合に頭を抱えていましたが、ようやく安定してきた(はずな)のでお知らせします。

そもそもカウンターのまわり具合なんて管理者サイドが一喜一憂するためだけの指標みたいなもの。と思うことがありますが、モチベーションが向上したり時には危機感を覚えたり…とリアルな数字にいつも刺激を与えてもらっています。

この刺激があるからこそトライアンドエラーを繰り返してでも結果を残したいと思うわけですし、開設当初から10年間蓄積されてる重みが程良い緊張感を生んでくれます!(…あれ、ぼく、こんなこと語るキャラだったっけ?)

まだまだお伝えしたいお知らせがありますがもう少し準備ができたらお伝えしますね。

それでは長くなりましたが、今後とも592をよろしくお願いします。

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る