【フォトレビュー】REFLEC BEAT colette ORIGINAL SOUNDTRACK VOL.1

9 2

ゆるーり聴いてますよ。はいっ。ということで今晩は2月27日発売CDの3タイトルからREFLEC BEAT colette ORIGINAL SOUNDTRACK VOL.1にスポットを当ててレビューしてみますよ。それにしても笑えるほどのこのボリューム。同梱された「REFLEC BEAT limelight ORIGINAL SOUNDTRACK EXTRA」とあわせると、実に70曲という仁義なき収録曲の豊富さです。VOL.2も同じくらいの収録曲を保てるのか本当に心配になってくるレベル。それでは駄文で記事がだぼつかないうちにレビュー本文へゴー。詳細は「続きを読む」より。



REFLEC BEAT colette ORIGINAL SOUNDTRACK VOL.1を買うともれなくREFLEC BEAT limelight ORIGINAL SOUNDTRACK EXTRAがついてくるという太っ腹感に満ちあふれた2枚組仕様です。
9

初回限定生産版を入手できたのでもれなくスペシャルケース付きでした。「REFLEC BEAT limelight O.S.T.」と「REFLEC BEAT limelight O.S.T. EXTRA」を一緒に収納できるようになっています。ただ2枚のCDケースを収納できるだけなのに、バラで保管しておくよりもずっとスッキリ収まってる感じ。スマートですな。
1

泥酔パステル、春眠暁を覚えず。(違)
8

REFLEC BEAT limelight O.S.T. EXTRAのジャケットデザインはシンプルながらもなつかしさ彷彿。パステルくんの「塗り」もlimelight仕様になってますな。
7

並べると分かりやすい!左がcolette版パステルくん。両方のアルバムに3,150円って書いてあるとすごく得したような気分になるのはたぶんボクだけではなかったはず。
5

ライムアイコン完全復活なレーベルプリント。
4

一方、こちらはREFLEC BEAT limelight O.S.T.。パステルくんのおさまりどころが完全に定位置ですな。そしてドヤ顔のくだり。
3

パステルくんの起用されっぷりはもはやBくんが嫉妬する域を遥かに凌駕するものとなっていることでしょう。Bくん生きろ。
2

もはやパステルくんがプリントされてない面を探すほうが至難。
10

昔の音ゲーサントラって35曲も入っていたらそれだけで十分だったよね。それが今では半分ですからね・・ハンパねぇ・・。jubeatシリーズのサントラももう少し収録曲増やしてもいいような気がしてきます。
11

スペシャルトラックとして収録された「It’s my Miracle (Extended Mix)」ですけど疾走感増し増しでとてものれる1曲に仕上がってますね。みんな大好きそうな感じのストレートなロングトラックです。ブックレットにはこの曲の歌詞が載ってるんですけど、ロングなのにびっくりするぐらい歌詞が少なくてちびりかけます(笑)。同じフレーズの繰り返しなので省略されてるわけですね。

さて、It’s my Miracleフルサイズ版を堪能してからの「Survival Games ~Far Away -Live Simulation Mix-」ですよ。豪華さを通り越してなんかもうズルい(笑)。実際に大きな会場でライブしたかのようなイメージが伝わってくるようで、今までに無かった別バージョンの切り口を築いたようなトラックとなっています。こういうのZepp Tokyoあたりで開催されたらウケると思うんですけどどうでしょうかね。と、ゲームサイズはもちろん、スペシャルトラックも十二分に楽しめるcolette先発サントラでした。それではまた!

REFLEC BEAT colette ORIGINAL SOUNDTRACK VOL.1 (CD)| コナミスタイル

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る