音ゲーニュースサイト時代のパイオニア「ニャミ通」こす氏、「おじゃまかんぱにー」ごろー氏たちとゲームバーへ繰り出した!



今からちょうど10年くらい前のはなし。「個人ニュースサイト」と呼ばれる元ネタに管理者目線のメッセージを添えてネット界隈のホットな話題を提供するテキストサイトが流行していました。そんな時代に音ゲー界の情報を世に広める大手音ゲー中心ニュースサイト「ニャミ通(ニャミ通.net)」と「おじゃまかんぱにー」という2つのサイトがプレイヤーさんたちの情報収集源となっていました。

592では「元祖音ゲーニュースサイト「ニャミ通.net」なくして、今の592はあり得なかった。」という記事を書いたのですが、これをきっかけに「ニャミ通.net」の管理人を務めていたこすび氏(現在はこす氏)より連絡をいただくことになり、元音ゲーニュース界隈の方たちとの飲み会に参加させてもらうことになりました。

昔懐かしい音ゲーネタを酒の肴に、かなり盛り上がったのでその雰囲気の一部始終をまとめてみます。なかなかマニアックな世界が繰り広げられていましたが、今回の記事は脇目もふらず勢いだけで突っ走ってみることにします(笑)というわけで、記事全文は「続きを読む」より。

飲み談義の会場となったのは東京都新宿区にあるゲームカフェ・バー「Ninety.」。お店にはニャミ通.netのこすびさんや、おじゃまかんぱにーのごろーさん、元アルカディア音ゲーコーナー記事を担当していた赤男さんなど錚々たるメンバーが集結。また、遠方からは遙々片道2時間の道のりをかけて参加してくださったきりっさんがいたり、音ゲー系クラブイベントで知り合った風太さんに参戦いただくなど、平日ながら大勢の方が集結する場となりました。

ごろーさんからもらった名刺をぱしゃり。昔とかわらずすぬーぴーでつさま健在でした。
2

店内に入ると、8bitのBGMが店内に鳴り響いており、ファミコン世代が集まる僕らにマッチさせてくれるかの如く、心地よいサウンドが耳に安らぎを与えてくれました。さて、そんな中、囲んだテーブルの先に映し出されたのがこちらの映像。(↓)

3

古きポップン世代のネットランナーなら多くの方が知っているであろう忍法白壁の術。キャラクターfukiを使用した状態でキャラPOP+FATのコンボ技でご覧のようなカオスな構図が生まれるわけです。どんな感じかイメージつきにくい方は(違う動画ですけど)下記を見てもらうと笑っちゃうくらいよく分かります。




そうこうしているうちにポップンミュージックアニメロ2号のトリプル譜面を鑑賞。
4

同じく分かりやすいイメージ動画はこちら。10年経ってもやばい譜面であることに変わりないですな。



一方、こすさんからはコミケでの頒布に向けて2003年に制作された「ニャミラー」をいただきましたよ。超なつかしい。
7

今から10年前に制作されたのに無敵の保存状態。
9

「ニャミ通パズル制作チーム編集」ということで、多くのスタッフさんたちが集まって作成されたみたいです。こすさんからこぼれる「当時、ホント超頑張ってつくったんだよコレ・・」という言葉が妙に印象的でした(笑)8

パズル系雑誌のあの感じがまさに再現されてますね。
10

なつかしの犬千代とかも登場していたり。
12

ワンポイントでさりげなくいるよしだまきさんのミミニャミも和みますな。
11

(よしだまきさんの描くミミニャミはニャミ通.netのタイトルにも使われていましたし。)
124

ぬいぐるみマスコット「ぷぎゅット」のポップンキャラをおみやげにくださった方もいらっしゃり、本当にありがとうございました(smooooch・∀・三姉妹もらったつもりが酔って凡ミスをかましたのか完全に1つ間違えてた)
13

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまったのだけれど、せっかく色んなゲームハードが置いてあるお店だったし、今度はレトロゲームも漁ってみたいですな。


<おまけ>
お店にウメハラさんのサイン色紙が飾ってあったんですけど、想像以上に想像以上だったので記念に撮影させてもらいました(笑)
6

それではまた。

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る