ドラクエの音ゲー「シアトリズム ドラゴンクエスト」をシリーズ通算500時間プレイヤーから見た最厚レビュー。

111スクリーンショット 2015 03 28 9 24 05

3月26日に発売されたドラクエの音ゲーこと「シアトリズム ドラゴンクエスト」の読み応え満載レビューが電撃オンラインに掲載されていたのでご紹介。ライターはシアトリズムシリーズ「シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール(TFFCC)」を500時間以上もプレイされたというスズタク氏。

シアトリズム化(デフォルメ化)されたドラゴンクエストシリーズのキャラクターたちが勢揃いし、戦闘中の様子やステータス画面はもちろん、『ドラゴンクエストIII』や『ドラゴンクエストV』に登場したすごろく場までも「ドラクエ感」を再現。音楽、ビジュアルともにどっぷりとドラクエの世界に浸れそうな1本です。

25枚以上のスクリーンショットを交えながらのレビューとなっており、ゲームを楽しく進めていく上でのモードの選び方や各システムのガイド、これまでのシアトリズムシリーズとの比較など様々な角度からレビューされている様子は従来シアトリズム作品をじっくりプレイされた方からの強い説得力が感じられます。

ドラクエシリーズを過去作品を遊んだことのある方は懐かしさのこみ上げてくる感触が得られるのではないでしょうか?

電撃 – 『シアトリズム ドラゴンクエスト』の評価・感想を掲載! 転職やすごろく場にハマるともう抜け出せない
『ドラゴンクエストIII』や『ドラゴンクエストV』に登場したすごろく場 …

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る