すべての人に優勝のチャンス到来?SOUND VOLTEX III アンオフィシャル大会「DEEP SDVX大会」が4月18日に開催決定!

スクリーンショット 2015 04 07 23 17 27 2

SOUND VOLTEX ULTIMATE TRACKS -LEGEND OF KAC-に収録されているプレイヤーインタビュー記事を執筆されたぴの氏(@pino_et09)主催でSOUND VOLTEX大会をやるよーとのことなのでさくっとご紹介。

千葉県にお店を構える「ゲームセンターDEEP」にて今月18日(土)に開催される「DEEP SDVX大会」では特殊ルール・計6種目にわたって開催される「変則レギュレーション部門」と純にスコア勝負で優勝者を決める「スコアアタック部門」の2部構成で行われるとのことです。

「変則レギュレーション部門」では様々なお題(ルール)が提示され、その条件をより満たしたプレイヤーが勝利を掴むという特殊ルールの中で勝負を展開するというもので、誰でも挑戦できる点がポイントとなっているようです。「実力だけで勝負が決まらない」という切り口はルールバランスがとても重要となってきそうですが、スコアアタック部門が別口であることを考えると、思い切って奇抜なルールを敷いてしまっても面白いかもしれませんね。

もちろん、会場全体が緊迫感に包まれる感触が王道で大会らしい「スコアアタック」部門も大いに盛り上がっていきたいところです。我こそは、というプレイヤーさんはぜひ名乗りを上げてほしいところです。

最寄りの京成大久保駅付近は日本大学や東邦大学がある学生街となっているそうなので、4月から大学生になられた方などが新たなプレイ環境を開拓する絶好のチャンスかもしれません。

111 2

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る