ポップンイラストブック1~5+ポップンステージを買ったよレポ。

4月25日に発売されたポップンミュージックキャラクターイラストブック(pop’n music 1~5 + pop’n stage)が届きましたので早速いつもの感じでレポってみます!ポップンミュージックイラストブックシリーズはこれで3冊目の発行となり、今回は初代ポップンミュージックに登場した大御所キャラたちからポップン5までのキャラクター情報を網羅。さらにポップンステージへ登場したキャラクターたちも収録した全224ページの構成になっています。


表4側はこんな感じ。手書き風に書かれたキャッチテキストと、この言い回しはすっかりおなじみになりましたね!今回は「迷わず、買うしかっっっっ!!!」と来たか!

コナミスタイル限定の先着購入特典でついてきた特製しおりがこちら↑

反対面にはミミニャミのアップイラストがプリントされています。

帯にさりげなくプリントされたポップンステージのマークがちょっぴり嬉しい。

ポップンイラストブックシリーズをすべて並べるとこんな感じ。

キャラクター紹介本編の体裁に変更はなし。キャプテンスーパーポップかぁ・・なつかしいなぁー。

ポップン4で大きくパワーアップしたシステムデザインと、旧シリーズ曲の復活はまさに新時代の到来でしたね。ポップン4稼働日に見たその変貌ぶりに感じた衝撃は昨日のことのように覚えていますよ。

表舞台に登場しなかったボツキャラクターたち。キャラクターの構想を練るために、沢山のキャラクターを描いて描いて描きまくって、ブラッシュアップされたキャラクターのみが採用されるという過程の様子が感じ取れます。アイデア出しレベルのキャラクター数はゲーム中収録のキャラクターよりも数倍はいるのではないでしょうか?

ちなみにこちらの本は「ポップンミュージック キャラクタービジュアルガイド」という2001年に発売されたガイドブックで、アーケード版ポップンミュージック1~6、家庭用ポップンミュージック1~4までのキャラクター情報を中心に構成されているガイドブック。

収録バージョンの大部分が今回のキャラクターイラストブックに重なるということで比較して見てみたところ、キャラクタービジュアルガイドには当時発売されたサントラのジャケットイラストや筐体のフロントドアデザイン(お金を投入するところのイラストデザイン)などが収録されている反面、キャラクターイラストブックには製作段階のマル秘企画書資料、ビーマニ戦隊ポップン5ひみつ大百科など、これはこっちの本にしか載ってないよ!という内容が思ったより多かったような気がします。ただし、全体的にボリュームが多いのはキャラクタービジュアルガイドの方で、キャラクターイラストブックの方がキャラクターイラストに特化されているようでした。

(関連:ポップンキャラクターイラストブック AC&CS pop’n music 1~5+pop’n stage -コナミスタイル

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る