GuitarFreaks V5、DrumMania V5をプレイしてきた

僕の会社の近くにはちっちゃなファミリー向けのゲームセンターがあるのですが、仕事終わりに立ち寄ってみると、店頭にドラムマニアV5のポスターを発見。長蛇の列ができていなければ1コインだけプレイしてこようかと思っていたら、運がいい時間帯だったからか待ち客の姿なし。勢いにのって3プレイしてきました。今回はせっかくの稼働日エントリーなので気付いたこととか、いつものようにフォトでの埋め合わせを交えてお届けしていきます。

詳細は以下より。


奥に進むとドラムマニアだけでなくギターフリークスV5も稼働していた。

ギターまわりのステッカーデザイン。

店頭に置かれていたドラムマニアV5用ポスター。アーケード版の新作が出る頃に高値で取引されるポスターですが、今作のポスターもすでにヤフオク出品されていた。

再起動を促すオンラインアップデート告知テロップ。

ドラムマニアV5用のスタンドポップが設置される。切り込みと折り返しの絶妙なバランスで立体的なオブジェクトが成り立っている。

新曲紹介ポップ in ドラムマニア V5。

こちらはギターフリークスV5用。両方のポップに書かれている「絶望ビリー」をプレイしてみたところ、ムービークリップにはマキシマムザホルモンのオリジナルPVが流れているようだった。ボーカルもコピーアーティストに差し変わっているわけでなく、完全オリジナル。唯一、尺だけは若干短くカットしたゲームサイズになっているように思えた。

リーフレット配布コーナー2タイトル分。

もらってきた。

開いてみないと分かりにくいところではあるが、断裁のラインにデザイン処理が施してある。イレギュラーな形での断裁加工はコストが上がるはずだが、現行のリーフレットと差をつけたかった意図が伝わってくるようだ。

詳しくは明日の更新にてお伝えします。それでは。

(関連:GuitarFreaks V5、DrumMania V5 最新情報を掲載中 -BEMANIWikiさん
(関連:GuitarFreaks V5、DrumMania V5スペシャルサイトオープン

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る