AOU2009のBEMANIブース(KONAMIブース)速報



一般公開日である2月21日にAOU2009へ行ってきました。今年はBEMANIブースが例年に増して力が入っているということで、一体どんな様子となっているのか、可能な範囲でカメラにおさめてきました。

コナミブース。


BEMANIブース外観。


11時のEMPRESS待ち状況。300分。開場から一瞬で長蛇の列ができる。


jubeat。250分待ち。


DDR X。50分待ち。


ギタドラV6。それぞれ90分待ち。


BEMANIスタンプラリー説明要綱パネル。プレイする直前にスタンプラリー用のシートがもらえる。


すぐ横にはBEMANIシリーズに関連するCDの試聴コーナーが設けられる。よくみると、zectbachアルバムのジャケットが公開されている。MAYAデザイン。


KONAMIブースの前面には大きくザ・ビシバシのコーナーが設けられる。


ザ・ビジバシのPOP。ミミが登場するらしい。


ザ・ビシバシのプレイ方法が書かれた説明パネル。やっぱりボタンはポップンっぽい。


対戦イベントが行われているようです。


14時追記>

12時頃から本格的に混雑してきました。


ついにロープで入場規制が始まる。


jubeatが180分待ちを超えて、たった今列に規制が入り並べなくなりました。


ギタドラともに列規制。どの音ゲーで遊ぼうという選択肢はもうほとんどありません。ポップン、IIDX、DDRも同様に規制中。


そんな中、ミミニャミが登場。カメラに囲まれています。


サントラが試聴できるコーナー。マシンはタワレコなどでみかけるのと同じタイプ。


BEMANIスタンプラリー用のカード。実際にIIDXをプレイしてトランスタンプを押してもらいました。


裏面はこんな感じ。着うた配信情報がプリントされています。


<その他>
・BEMANI RADIOにてjubeatの続編制作が発表されました。

17時追記>

ショッチョー、TERRA、あさきのBEMANI RADIO公開録画開始直前のBEMANIブース。ついに絶頂の混雑状況を生み出し、隣のセガブースとの間を移動するには一列ずつで通るよう指示され始めました。

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る