新しいライバルを開拓する5つのチェックポイント

時にこうLifeHacking的にもまとめてみたいと思い立って今日はそんな感じの1エントリー。

今までライバルに登録してきたプレイヤーさんが飛躍的に上達してしまったり、しばらく忙しくしていたせいで音ゲーから少し離れていた結果、腕がなまっちゃったなぁーと感じたときなど、アクティブ設定しているライバルさんたちを見直したくなることもあるかと思います。しかし、新たに自分の実力に見合ったプレイヤーさんがそう身近にいるわけでもなく、それでいてアクティブ枠を空けておくのももったいない。そんな方にオススメしたい新・ライバル発見伝5ヶ条をまとめてみました。


1.WEEKLY RANKING初日に課題曲をプレイする。

毎週水曜日正午に切り替わるWEEKLY RANKINGの課題曲にチャレンジ。初日はあまり多くのプレイヤーさんが参加しないので、初日を終えた時点で公式サイトのランキングにランクインしている可能性が高くなります。自分のランクインした前後10位以内のプレイヤーさんであれば自分と実力が近いことが考えられるのでそこからライバルを探していくと良いかもしれません。また、初日のランキングに載せられる自信がない方は水曜日午後のできるだけ早い時間帯に課題曲をプレイして、1時間ごとに反映される携帯サイトのランキングをチェックしてみると良さそうです。


2.音ゲー関連のオフ会に参加してみる

(レベルにかなり偏りが発生すると思われる以外の)オフ会で自分と実力の近いプレイヤーさんを見つけることができればそこから会話を弾ませやすくなり、その流れで「ライバル登録させてください」と相手に挑戦状を送りつけることができます。身近にライバルがいるとモチベーションも上がり、良い刺激になるでしょう。


3.店舗内ライバル検索

行きつけのゲームセンターがあれば、「たまに見掛けるあの人」的存在の一人や二人はいると思います。そのようなプレイヤーさんがいたら思い切って声をかけてみるのも良いかもしれません。その場で話が弾めばそこでライバル申請しても良いかもしれませんが、相手に時間が無い場合や複数人数で遊んでいることも考えられるのでその場は軽いトークで済まし、後で店舗内検索でそのプレイヤーさんのネームを登録させてもらうのも1つの手。次回お会いした際に「この間はどーも。いい勝負をさせてもらえるかもしれないと思ったのでライバルに登録させてもらいました☆」と話せば相手も悪い気はせず、そこから話も弾ませやすくなるのでこのケースを利用するのも良いかもしれません。


4.家庭用に登録されているライバルから実力の近いプレイヤーさんを探す

IIDXオンリーですが、家庭用のほうがスコアを詰めれるという方は家庭用でじっくりスコア比較してみるのもアリ。ただし、相手のスコアデータはアーケード版でプレイしたスコアなので自身のアーケード版と家庭用の実力差を加味して選ぶ必要がありそうです。


5.SNSでライバル探し

mixiやBEMANI SNSやなどのソーシャルネットワーキングサービスを利用されている方は「BEMANI」や「IIDX」などの関連語から探してみるとライバル募集のコミュニティなどが見つかるかもしれません。中には取得段位や最高クリアレベルなどを明記している方もおり、自身の実力と照らし合わせてみることで良いライバルを見つけることができそうです。ここでライバルをみつけられたときにはメッセージ機能で相手に一報を入れておくと相手にも自分がどういう人(プレイヤー)なのか伝えられることもできるし、相手からもライバル登録してくれるかもしれません。相手からもライバル登録するよう強要するのはタブーですが、してもらえた際には感謝の言葉も忘れずに。


新しいライバルに出会えればモチベーションの回復を図れるだけでなく人との輪も広げられるきっかけにも繋げられそうですね。皆さんはどんな方法でライバル仲間をみつけていますか?独自の方法があればブログや掲示板などで紹介しあってみるのも面白そうですね。


それでは、良いBEMANIライフを。

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る