フルコン集めを今はじめるべき6つの理由

稼動周期のタイミングを考慮するともっともIIDX向けな記事になりそうだったのでいっそIIDXに焦点をしぼってみたエントリー。結論から先に申すとフルコン集めをはじめるなら今がベストだよね!という考え方がふと頭をよぎったのでその考えにいきついた理由と考察をサクッとまとめてみることにしました。

1、夏休みだから
1発目から学生さんの特権になってしまい社会人の皆さんごめんなさい;;あと、就活中でそんな気分に浸ってられないという学生さんもごめんなさい;;;夏休みが与えられる環境にある人にとってみれば、たとえスケジュールがガッツリ入っていたとしても普段の平日より自由に使える時間は比較的多くなる傾向にあると思います。時間が作りやすいときだからこそ、フルコンという地道な努力が形として現れるプレイスタイルに闘志を燃やす絶好の機会と言えるでしょう。ゲームセンターにでかける時間も融通が利くようになり、開店直後のすいているタイミングの狙ってみるのも良いかもしれません。

2、全解禁してしばらく経ったから
最後の隠し要素となったお菓子曲3曲が解禁し、BEAT FREE表示されるようになってから早くも3ヶ月が経過。あまり長時間並ばずにプレイできるようになってきたEMPRESSだからこそ今がフルコンにはかかせない粘着プレイに向いている時であるように感じます。

3、スコアを詰め終わったから
最近は自己ベストを更新する機会が少なくなって、モチベーションが下がり気味・・。というプレイヤーさんが次に狙うはフルコンランプ。という「スコア→繋ぎ」の流れは王道ですが、確かに闇雲にGREATの文字を光らせることに執着してもスコアが上がらないときはに上がりません。いっそ、気持ちを切り替えて「あの曲は少しやれば繋がりそう」というターゲットをみつけることがモチベーション回復に繋がる第一歩となるかもしれません。

4、新曲でも雰囲気や譜面がなんとくなく頭に入っているから
稼動当初よりプレイを重ねることにより難所やBPM変化にも柔軟に対応できるようになっていたりするので、自ずとBAD、POORを回避する戦術が身についているでしょう。

5、ライバルの戦跡が気になるから
自分以外のライバルプレイヤーが全員キラキラな「F」マークがついていたら黙ってはいられなくなるでしょう(笑)プレイ回数が多くなるにつれてまわりのライバルにもフルコンボランプが多くみられるようになるのも頷けます。「自分も負けてられねぇ!」という強い意思がとグッと伸びる起爆剤となり得るかも。

6、梅雨があける / あけたから
ついに自然現象さえ味方につけた感が否めませんが・・。(笑)雨のジメジメした日が続いているとどうしてもゲームセンターから足が遠のいてしまいがちに。ちょっと時間が空いたからチャリで近所のゲーセンまでひとっきり。っていう天候、気温が大事だってことを毎年肌で感じます(笑)東北地方でももうまもなく梅雨明けとの発表がでているようですね。

と・・かなりゴリ押しでまとめてみましたが、要は私自身が最高にフルコンへのモチベーションが高まっているということです。まぁ、堅苦しくならずにラフな気分でプレイしつつたまには繋ぎに走ってみるのもいかがでしょうか?

関連記事

official twitter account

592について

592(592.jp)は音楽ゲームの話題を中心としたニュース型ブログサイトです。2001年11月にスタートし、これまで15年間記事を執筆してきました。現在は音楽ゲーム以外にもDJにまつわるニュースと併せて配信しています。詳しくはこちら

RSSとTwitterにて最新記事を配信中

592.jpでは音楽ゲームの最新記事をリアルタイムであなたへお届けします。ゲームセンターでの待ち時間や電車での移動中などのスキマ時間にぜひご利用ください。

 

04*について

都内で紙媒体、展示ブース装飾を中心にディレクションを手がけるアートディレクター兼グラフィックデザイナー。小学生の頃に音楽ゲームとの出会いを経て、音楽の可能性を強く感じる。2011年からDJとしての活動を開始し、渋谷・六本木を中心に活躍中。

カテゴリー

過去ログ

最近のニュース

  1. 3.jpg
    beatmaniaIIDX 24 SINOBUZでは、開催中のイベント「攻城シノバズ伝」にて12…
  2. 1.jpg
    DanceDanceRevolution Aオフィシャルサイトでは、12月22日10時より、新た…
  3. 2.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  4. 2.jpg
    私事ですが本日12月18日に婚姻届を提出してきました。お相手は音ゲーをやらず、ゲーセンにも行かな…
  5. 2.jpg
    twitterのハッシュダグ「#BEMANIそろそろ皆が忘れてそうな事選手権」を付けて、過去に忘…
  6. 2.jpg
    前作jubeat propでも搭載されていた特殊仕様オプション「EXPERT OPITION」が…
  7. 1.jpg
    昨晩放送されたBEMANI生放送(仮)にて怒涛の旧曲大量復活が発表されていたREFLEC BEA…
  8. slooProImg_20161215192652.jpg
    REFLEC BEAT 悠久のリフレシアと、14日より稼働開始したばかりのGITADORA Tr…
  9. slooProImg_20161215092633.jpg
    SOUND VOLTEXシリーズ最新作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAV…
  10. 4.jpg
    日本を含むアジア地域でヒットしたPlayStation関連ソフトウェアタイトルの授賞式「Play…
ページ上部へ戻る